スヌの脱サラ30代から始める株式生活

脱サラして株式投資・株主優待の資産運用だけで人は生活できるのか

個別銘柄

保有銘柄アカツキの今期の業績予想を考えてみた

投稿日:

img14

アカツキは8月に発表された1Q決算は、売上44.5億、経常利益22.3億です。
今期のコンセンサス予想は、売上203億、経常利益106億です。
現状の想定を元に、今期の業績予測をしてみました。

今後の想定(※後述)を計算してみると、今期の経常利益は、
22.3億 + 24億 + 27.3億 + 28.5億 = 102.1億

この方程式だと若干コンセンサス予想に届かないので、届くのであれば、
・ドッカンバトルが1Q並みか、それ以上の勢いを保持し続ける
・ハチナイ他が想定以上の利益を達成する
・ここにない何かが利益貢献する
のどれかがないと厳しいかもですね。

ただ保守的に見てる気もするので、今の予測ではコンセンサス予想の業績が今期の攻防ラインであるのは、
今の時点の読みでは正しそうです。

達成の最低条件は、ドッカンバトルの売上がピークアウトしない。
これを満たさなくなった場合は達成は厳しいと思ったほうがよさそうですね。

アカツキの今後の業績想定

☆2Qの想定は、以下から経常利益24億くらいか。
・ドッカンバトル他の現状は若干落ちたとして経常利益20億
・ハチナイがQ寄与で、セルラン状況から売上7億と推測し、Apple/Googleへの手数料30%、広告宣伝費1.5億とすると、
7億 – 2.1億 – 1.5億 = 経常利益3.4億
・アイマスサイドMが1か月だけ寄与として、セルラン状況から売上4億でアカツキへのレベニューシェアが30%で、利益率40%とすると、
4億×30%×40% = 0.5億

☆3Qの想定は、以下から経常利益27.3億くらいか
・ドッカンバトル他の現状は若干落ちたとして経常利益20億
・ハチナイがQ寄与で、セルラン状況から売上7億と推測し、Apple/Googleへの手数料30%、広告宣伝費1.5億とすると、
7億 – 2.1億 – 1.5億 = 経常利益3.4億
・アイマスサイドMがQ寄与で、セルラン状況から売上12億でアカツキへのレベニューシェアが30%で、利益率40%とすると、
12億×30%×40% = 1.5億
・テニプリが10月リリースとして、売上が20億と想定しアカツキへのレベニューシェアが30%で、利益率40%とすると、
20億×30%×40% = 2.4億
※ちなみにセルラン平均20位前後で月商10億程度と見込む

☆4Qの想定は、以下から経常利益28.5億くらいか
・ドッカンバトル他の現状は若干落ちたとして経常利益20億
・ハチナイがQ寄与で、セルラン状況から売上7億と推測し、Apple/Googleへの手数料30%、広告宣伝費1.5億とすると、
7億 – 2.1億 – 1.5億 = 経常利益3.4億
・アイマスサイドMがQ寄与で、セルラン状況から売上12億でアカツキへのレベニューシェアが30%で、利益率40%とすると、
12億×30%×40% = 1.5億
・テニプリがQ寄与で、売上が30億と想定しアカツキへのレベニューシェアが30%で、利益率40%とすると、
30億×30%×40% = 3.6億

-個別銘柄
-


comment

CAPTCHA


関連記事

img9

今年売買した銘柄:ケイアイスター不動産(3465、東証2部)

今年私が売買した銘柄にケイアイスター不動産(3465、東証2部)があります。 ケイアイスター不動産は、2015年の12月に東証2部に上場した東京・埼玉・群馬・栃木・茨城エリアを中心に新築一戸建て・注文 …

img8

保有銘柄:ファーストブラザーズ(3454、東証1部)

私が今保有している銘柄の一つにファーストブラザーズ(3454、東証1部)があります。 ファーストブラザーズは、2015年1月に東証マザーズに新規上場した会社で、投資運用事業及び投資銀行事業を行っており …

img2

保有銘柄:ブロードリーフ(3673、東証1部)

本日購入したブロードリーフ(3673、東証1部)について。 ブロードリーフは、自動車アフターマーケットを中心に幅広い業種・業界の現場業務を支援するソフトウエア・ITソリューション&各種サービスを提供す …

img2

頼むぜRVH

RVHの株価が徐々にですが上昇気流に乗ってきた気がします。 久々の1,000円台も根固め完了したようで、今日は上昇を始めています。 3Q決算は2/14(火)ですので、そこまで株価の上昇継続を期待します …

cry

愛着と執着のRVH

そろそろ保有銘柄のRVH(6786、東証2部)を売りたい病です。 最初にこの株を買ったのは5月15日なので7か月以上の付き合いです。 私の株式投資の中で、実は最長の付き合いです。 そのため愛着と執着は …

にほんブログ村 株ブログへ